Movie content creation 動画コンテンツ制作

マーケティングはデバイスの多様化やテクノロジーの進化によって複雑化しています。
さらにデジタルマーケティング領域が広がったことで、プロダクトデザイン、ウェブデザインの求められることも大きくなっています。
Coogeeは得意とするミレニアム世代へのマーケティング、韓国を主体としたオルチャンマーケティング実施後の各種デザイン領域においてベストなソリューションを提供しています。

また、既存の体制に左右されることなく、部分的なアドバイスから全体のコンサルティングまで柔軟にサポートすることができます。
私たちは常にクライアント目線で物事を考え、課題解決のために、あらゆる手法の中から最善な手法をご提供します。

BUSINESS
SCHEME

ビジネススキーム

from ASIA INFLUENSER PRODUCTION

クージーは、顧客をワクワクさせる全くあたらしいマーケティングを創造するアジアを軸としたマーケティングデザイン&インフルエンサープロダクションカンパニーです。
従来の手法にとらわれないストラテジーと斬新なアイデア、それを実現するためのテクノロジーで、企業のマーケティングとユーザー体験に変革をもたらします。

BUSINESS
SCHEME

#01
現状の問題点を専門家に見てほしい

企業側が思っている問題は、真の問題ではないことが多いです。ブランド作りの専門家による第三者評価を受けることで、現状を正しく認識し、ビジネスに影響を与える本質的な改善の糸口が掴めます。

BUSINESS
SCHEME

#02
現状の問題点を専門家に見てほしい

企業側が思っている問題は、真の問題ではないことが多いです。ブランド作りの専門家による第三者評価を受けることで、現状を正しく認識し、ビジネスに影響を与える本質的な改善の糸口が掴めます。

BUSINESS
SCHEME

#03
現状の問題点を専門家に見てほしい

企業側が思っている問題は、真の問題ではないことが多いです。ブランド作りの専門家による第三者評価を受けることで、現状を正しく認識し、ビジネスに影響を与える本質的な改善の糸口が掴めます。

BUSINESS
SCHEME

#04
現状の問題点を専門家に見てほしい

企業側が思っている問題は、真の問題ではないことが多いです。ブランド作りの専門家による第三者評価を受けることで、現状を正しく認識し、ビジネスに影響を与える本質的な改善の糸口が掴めます。

BUSINESS
SCHEME

#05
現状の問題点を専門家に見てほしい

企業側が思っている問題は、真の問題ではないことが多いです。ブランド作りの専門家による第三者評価を受けることで、現状を正しく認識し、ビジネスに影響を与える本質的な改善の糸口が掴めます。

BUSINESS
SCHEME

#06
現状の問題点を専門家に見てほしい

企業側が思っている問題は、真の問題ではないことが多いです。ブランド作りの専門家による第三者評価を受けることで、現状を正しく認識し、ビジネスに影響を与える本質的な改善の糸口が掴めます。

BUSINESS
SCHEME

ビジネススキーム

from ASIA INFLUENSER PRODUCTION

商品ブランドサイトは、マーケティング活動において重要なポジションを占めるツールとなっています。ユーザーが商品を知ろうとした時、まず商品名、ブランド名で検索すると考えられるからです。しっかりしたブランドサイトがあるかどうか、ということが商品の信頼感をはかる上で重要な要素の一つになっていると言えます。

商品ブランドサイトを考えるとき、まず重要なのがビジネスゴールです。その商品におけるKPIから逆算して、構成や必要なコンテンツを設計していきます。サービスががBtoBなのか、BtoCなのかにもよって、ブランドサイトの位置づけや使い方は異なってきます。

商品ブランドサイトの主な役割としましては、下記があげられます。「⑴信頼感、ロイヤリティの醸成」。「⑵各WEBサイト施策などのハブとしての役割」「⑶店舗への誘導」「⑷WEBサイト上での購入施策」などです。商品ブランドサイトの役割において、そのプライオリティはマーケティングの考え方によって変わってまいりますので、状況に合わせた企画が必要です。

現状の問題点を専門家に見てほしい

企業側が思っている問題は、真の問題ではないことが多いです。ブランド作りの専門家による第三者評価を受けることで、現状を正しく認識し、ビジネスに影響を与える本質的な改善の糸口が掴めます。

現状の問題点を専門家に見てほしい

企業側が思っている問題は、真の問題ではないことが多いです。ブランド作りの専門家による第三者評価を受けることで、現状を正しく認識し、ビジネスに影響を与える本質的な改善の糸口が掴めます。

現状の問題点を専門家に見てほしい

企業側が思っている問題は、真の問題ではないことが多いです。ブランド作りの専門家による第三者評価を受けることで、現状を正しく認識し、ビジネスに影響を与える本質的な改善の糸口が掴めます。

業務システムUX/UIデザインのよくある質問と回答

業務システムのUX/UIは、システム開発の現場では十分に浸透しておらず、様々なご質問をいただきます。中でも特に多いご質問とご回答を以下にご紹介いたします。他にご不明な点などあれば、お電話もしくはメールフォームにてお尋ねください。業務システムのUX/UIは、システム開発の現場では十分に浸透しておらず、様々なご質問をいただきます。中でも特に多いご質問とご回答を以下にご紹介いたします。他にご不明な点などあれば、お電話もしくはメールフォームにてお尋ねください。

業務システムUX/UIデザインのよくある質問と回答

業務システムのUX/UIは、システム開発の現場では十分に浸透しておらず、様々なご質問をいただきます。中でも特に多いご質問とご回答を以下にご紹介いたします。他にご不明な点などあれば、お電話もしくはメールフォームにてお尋ねください。業務システムのUX/UIは、システム開発の現場では十分に浸透しておらず、様々なご質問をいただきます。中でも特に多いご質問とご回答を以下にご紹介いたします。他にご不明な点などあれば、お電話もしくはメールフォームにてお尋ねください。

業務システムUX/UIデザインのよくある質問と回答

業務システムのUX/UIは、システム開発の現場では十分に浸透しておらず、様々なご質問をいただきます。中でも特に多いご質問とご回答を以下にご紹介いたします。他にご不明な点などあれば、お電話もしくはメールフォームにてお尋ねください。

システム開発のどの段階でデザイナーに入ってもらうのがいいですか?
企業側が思っている問題は、真の問題ではないことが多いです。ブランド作りの専門家による第三者評価を受けることで、現状を正しく認識し、ビジネスに影響を与える本質的な改善の糸口が掴めます。
システム開発のどの段階でデザイナーに入ってもらうのがいいですか?
企業側が思っている問題は、真の問題ではないことが多いです。ブランド作りの専門家による第三者評価を受けることで、現状を正しく認識し、ビジネスに影響を与える本質的な改善の糸口が掴めます。
システム開発のどの段階でデザイナーに入ってもらうのがいいですか?
企業側が思っている問題は、真の問題ではないことが多いです。ブランド作りの専門家による第三者評価を受けることで、現状を正しく認識し、ビジネスに影響を与える本質的な改善の糸口が掴めます。